ペニス増大手術の種類と効果について

管理人は怖くて試していないのですが、ペニス増大方法で効率的なものが、ペニス増大手術です。

 

現在では3種類ほどの術式がありますので、それを紹介していきます。

 

 

 

【長茎手術】

人間のペニスは外に露出している以外に、数センチ体内に埋まっているのです。

 

そのため、この長茎手術は肌を一部メスで切開して、体内に埋もれているペニスを外に取り出すという手術です。

 

 

包茎の方がこの手術を受けると包茎が改善することもあるという手術になります。

 

 

肌にメスを入れますので、この手術をした手術跡というのは残ります。

 

一応、陰毛に隠れるようになるとはいいますが、例えばフェラをしてもらうときなどは、ばれてしまう可能性がなきにしもあらずです。

 

 

長茎手術に関してですが、通常時のペニスは長くなります。

 

しかし、勃起時のペニスサイズが大きくなるのかといえば、そんなことはありません。

 

実は、勃起時のペニスサイズは手術をしても変わらないのです。

 

 

つまり、通常時のペニスが小さくて恥ずかしいという人がこの手術を受けるのであって、もっと勃起時のペニスを大きくしたいと考える人がこの手術を受けるメリットはないのです。

 

 

 

【脂肪吸引長茎手術】

この手術は、ペニスそのものを大きくする手術ではありません。

 

ものすごく太った人って、脂肪によってペニスが埋まってしまい、小さく見えることがあります。

 

 

そのため、この手術ではお腹周りなどの余分な脂肪を脂肪吸引器にて取り除いて、ペニスを大きくみせるという手術です。

 

 

つまり、肥満体の人しか受けることができない手術です。

 

そして、もともとペニスが小さいのであれば、やっぱり意味がありません。

 

勃起時にたくましいペニスが欲しいという方には、この手術は不向きです。

 

 

また、脂肪吸引での事故というのも数多く報告がありますので、気軽に受けてみようかなとよくよく病院を選定せずに受けてしまうと、少し痛い目を見るかもしれません。

 

 

 

【薬液注入タイプ】

この薬液注入タイプの手術が、現在、もっとも手軽で人気のある手術であるといえます。

 

これを手術といっていいのか、少し疑問ですが、方法は簡単です。

 

ペニスにヒアルロン酸や脂肪などを注射器で注入してペニスを大きくするのです。

 

 

薬液のヒアルロン酸は豊胸手術などにも利用されていて、人間の眼球の中にある体液になりますので、人体には無害です。

 

 

もともとは、亀頭を大きくふくらませるための方法だったのですが、それがペニスサイズのアップに転用された形になります。

 

 

すぐにペニスが大きくなり、メスなどを使わないのでばれる心配もなく、かなり安全な術式なのですが、1つ難点があります。

 

 

それが、使用されているヒアルロン酸が、時間経過とともに人体に吸収されてしまうということです。

 

つまり、半永久的にペニスが増大するというわけではなく、数年単位で、ヒアルロン酸を再注入する必要があります。

 

 

この1点、この1点さえなければ、管理人はこの薬液注入タイプに挑戦しようと思っていました。

 

ただ、やはり期間限定でペニスが大きくなっても、嬉しくないじゃないですか。

 

やっぱり、いつまでも大きいペニスが欲しいですよね。

 

 

 

【まとめ】

ペニス増大手術に関しては、適当に病院を選んでしまうと適当な手術をされる可能性がありますので、専門のドクターのもとに通ってでもペニス増大手術を受けた方がいいと思います。

 

 

もっともデリケートな部分をいじらせるのですから、信頼というのが必要ですね!

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。