管理人の苦い思い出ですが、初体験の際に相手の女性から「前戯でいかせるしかないね」みたいなことを言われました。

 

それ以降、管理人は前戯によって女性をいかせることはできても、ペニスで女性をいかせるという経験はありませんでした。

 

ただ、ゼノシードを使用してペニスが大きくなってからは、今の彼女をペニスで突いていかせることに初めて成功しました!

【そもそもペニスで突いて女性はいくのか?】

AVとか見るのですが、ゼノシードを使用する前は、こんな演技だよと思っていました。

 

例えば、ラブホテルの盗撮AVだとしても、男性が腰をふると女性は「おかしくなっちゃう!」とか言っているのを見ると、マジ演技勘弁してよ……と萎えてしまいました。

 

なぜなら、管理人は早漏改善スプレーを使用して射精感を抑えてセックスをしても、ペニスで突きまくって女性をいかせたことがなかったからです!

 

腰を動かすのに疲れて、次の日腰痛になるくらい腰を振ったのにも関わらず、だいたいの場合、女性はセックスが終わったかどうか質問することが多くて、萎えます。

 

しまいには遅漏気味じゃない? と文句を言う女性もいました……。

【前戯が嫌いな女性もいる……】

管理人は女性を満足させるためには前戯を頑張るしかないのですが、中には前戯を嫌う女性もいます。

 

例えば、膣の中に手を入れると痛いから困る、みたいな感じです。

 

そんな女性とのセックスはまったく面白くありません。

 

しかも仮性包茎の短小ペニスの管理人だけが満足してセックスが終わるので、なんとなく申し訳ない気がして、セックスってそこまで楽しいものではありませんでした。

【13cmになった今は彼女も大満足!】

ゼノシードを使用して10cmから13cmになった今、絶対演技だと鼻で笑っていた、ペニスで彼女をいかすことを実現させています!

 

しかも、仮性包茎が改善したので、亀頭が強くなり早漏も治ったので、早漏改善スプレーなどを使用しなくても、ある程度の時間、彼女を突き上げることが可能となったのです。

 

また、10cmの短小ペニスだったころは、できる体位というのがきわめて限定的でした。

 

さらに、体位をスムーズに変えるなんて芸当は、射精をしないことばかりを考えていたので、当然スムーズにできるわけもなく、自分本位のセックスをしていたんだなぁ、と最近はつくづく思います。

【たった3cmでも新しい世界】

短小ペニスが入っているのかわからなかった彼女が、管理人のペニスで突かれて「マジ、やばい!」と声を出しているのです。

 

彼女がマジでいきそうになると、かなり大声を出すことが最近のセックスでようやくわかりました。

 

そして、彼女に聞いたのですが、前戯でいかされるのとペニスで突かれていかされるのでは、大きな違いがあるそうなのです。

 

女性は特別感じる性感帯が3つあって、クリトリス、Gスポット、ボルチオなのですが、すべて異なったいき方をするそうなのです。

 

今までは性感帯を一つずつしか刺激できなかったのですが、ペニスが3cm大きくなり、早漏が治った現在、すべての性感帯を、挿入することで一気に刺激することができるらしいので、彼女としては、単純に3倍以上、短小ペニスだった頃よりセックスが気持ちよくなったそうです。

 

精力も増強されていますので、彼女の求めに答えることが可能になり、さらに楽しいセックスライフを彼女と送れています。

 

やっぱり、技術だけでは限界があるということですかね……。

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。