ペニス増大器具というのがあります。

 

これって、はたして効果があるのか、管理人的には謎なのです。

 

口コミや掲示板などでは大きくなったという効果がありますが、本当なのかなぁという疑問の方が大きいです。

 

正直な話、管理人もいくつかのペニス増大器具を使用しましたが、あまり効果を実感することはできませんでした。

 

そのため、管理人の主観がはいりますが、御容赦ください。

【ポンプ型ペニス増大器具とは?】

ペニス増大器具というのは2種類あり、牽引型とポンプ型です。

 

ポンプ型というのは、勃起したペニスにカプセル型の機器を装着して、カプセルの中を真空状態にすることでペニスへ圧力をかけ、筋トレと同じ原理で細胞分裂を増大させます。

 

さらに、海綿体に流れる血流量を増やして勃起時のサイズをアップさせるというものが、このポンプ型ペニス増大器具によってペニス増大する理論です。

 

電動や水の力で吸引するもの、手動で吸引するものがありますが、1回の使用時間を考えると電動式が一番いいと思います。

 

もう1つのペニス増大器具である牽引型は1日中装着する必要があるのですが、1日30分程度の装着にてペニス増大効果を実現というものです。

 

管理人は吸引する力が電動のものを購入しましたが、あまり高いのを購入しなかったので、1週間程度で壊れて、苦笑いをしました。

 

高いものでも、そこまで耐久度が無かったような気がします。

【ポンプ型ペニス増大器具のメリットは?】

ポンプ型ペニス増大器具のメリットは、取り付けが非常に簡単であるという点です。

 

管理人は牽引系ペニス増大器具を使用した経験もありますが、あれはうまく装着しなければものすごくペニスが痛くなるというデメリットがあります。

 

1日中つけるものなので、装着する時間は結構な時間を要しました。

 

ただ、ポンプ系はすぐに取り付けることが出来て楽でした。

 

後はボタンを押して30分程度の放置でよかったので、牽引型に比べて取り回しは楽でした。

 

そして、1日30分は大きかったです。

 

牽引型は1日中つけるので、その点から考えると楽です。

【ポンプ型ペニス増大器具のデメリット】

管理人の結果ですが、ポンプ型ペニス増大器具でペニスを大きくすることは不可能だと思われます。

 

まず、ポンプ型ペニス増大理論なのですが、外部的な圧力を加えることで細胞分裂を促すというのは無理があるような気がします。

 

これって、筋トレをしたら筋肉が付くというものと同じ理論ですが、ペニスには筋繊維がないのですから、圧力を加えても意味がありません。

 

また、デメリットでよく見られるのが、ペニスが黒くなるというものです。

 

この理由ですが、ペニスが内出血しているのではないのでしょうか。

 

これらのことから、ペニスへダメージはかかるけれど、それによってペニスが大きくなるということはないと思われます。

【まとめ】

紹介したのは、あくまでこれは管理人の個人的な見解です。

 

使用方法が悪くて、管理人のペニスには効果が無かっただけで、気を使って根気よく使用し続けることで、管理人のペニスでは実現することのできなかった、ペニス増大効果というものがあるかもしれません。

 

ただ、使用するなら自己責任でお願いします……。

 

しかし、あくまでいち使用者の実感としては効果を感じることが出来なかったので、管理人的にはやはりお勧めすることはちょっとできかねます。

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。