ゼノシードの主成分

ゼノシードの主成分である、L-シトルリンについて紹介をします。

 

L-シトルリンというのは、1930年に日本の研究者によってスイカの果汁から発見されたアミノ酸で、名前のシトルリンは「シトルラスブルガリス」というスイカの学名から命名されました。

 

以前は、L-シトルリンは厚生労働省により医薬品指定がされていたので、医師の処方がないと、効果が高いので危ないのではと考えられていました。

 

しかし、スイカやキュウリといったウリ科の植物に多く含まれており、副作用の心配がないことから2007年になってようやく医薬品指定が解除され、現在のようにペニス増大サプリ、精力増強もサプリの主成分として利用されるようになります。

【L-シトルリンのペニス増大効果とは?】

L-シトルリンは体内に入りますと一酸化窒素発生のサポートをします。

 

この一酸化窒素が血管を広くする働きがあり、血流量が増えて血液の流れがよくなるのです。

 

そして、ゼノシードのようにペニス増大サプリに使用されている場合、L-シトルリンの働きによって、ペニスへの血流量がアップし、ペニス増大に必要な栄養素をペニスへしっかりと届ける働きをしてくれるわけなのです!

【勃起力もアップ】

ペニスの竿の部分は海綿体と呼ばれるスポンジのような組織でできています。

 

この組織に大量に血液が流れ込むことにより勃起するのですが、ペニスの血管は1mmから2mmと非常に小さく、例えば不健康な生活習慣をしていて、ドロドロ血液になっている人の場合、血液がペニスの小さな血管へ入ることが出来なくなるなどの影響を強く受けてしまうのです。

 

そこへL-シトルリンを摂取して一酸化窒素の量を増やし血管を広げることで、ペニスの小さな血管を広げますので、ペニスの勃起力もアップしますし、ED傾向がある人でも勃起力が回復します。

 

また、通常の男性の勃起力は30代を境に落ち込んでいきます。

 

ペニスが勃起するために必要な血液がペニスの海綿体に送られる作用が低下してしまうのです。

 

しかし、ゼノシードを日常的に服用して、L-シトルリンを体内へちゃんと取り込んでいけば、管理人のようにペニスの勃起力が回復して朝立ちをしてしまうなんてこともあります。

 

人によっては、セックス中の中折れもL-シトルリンを日常的に服用することで解消され、セックス中はいつまでもたくましいペニスでいられること間違いなしです!

【L-シトルリンの効果のまとめ】

L-シトルリンはスイカなどのウリ科の植物に含まれている天然由来の成分です。

 

きわめて効果と安全性が高いので、現在はペニス増大サプリ、精力増強サプリなどにもよく利用されている成分です。

 

L-シトルリンを摂取することで、体内で一酸化窒素が出来るので、血管を広げる効果、そして血流促進効果を副作用なく実感することが出来ます。

 

血管が広くなれば、それだけペニスへ、ペニス増大成分がいきわたりやすくなります。

 

さらに、通常1mmから2mmしかないペニスの血管も太くなりますので、勃起時に多くの血液がペニスへ流れ込むようになります。

 

その結果、反り返るような硬い勃起ペニスが実現するのです!

 

日常的に摂取をすることで、管理人のように血管が広がりますので、ついぞ忘れていた朝立ちなんてものが40代になって復活する可能性もあるのです!

 

また、余談ですがペニス以外の血液の流れもよくなりますので、頑固な肩こりや腰痛の改善などもL-シトルリンの摂取で期待できます。

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。