ムクナ

MENU


ゼノシードの配合成分である「ムクナ」について紹介をします。

 

ムクナはインド原産のマメ科の植物で5000年の歴史があるといわれるインドの医学「アーユルヴェーダ医療」においても、もっとも代表的な生薬となります。

 

特にムクナに含まれるL-ドーパは、精力増進の効果に優れており、世界的に注目されています。

【L-ドーパの効果】

ムクナに含まれるL-ドーパですが、これは男性ホルモンのテストステロンを活性化させる働きを持っています。

 

テストステロンというのは、男性が男性らしくあるためのホルモンで、例えば筋肉を作ったり、性欲をかきたてたり、精力増進にも影響のあるホルモンなのです。

 

過度にテストステロンが減ってしまえば、うつなどの症状がある男性更年期に悩まされることになります。

【テストステロンとドーパミンの関係】

テストステロンは年齢とともに分泌量が減少してきます。

 

そして、テストステロンは、脳内の興奮物質であるドーパミンを分泌させる働きがあり、ドーパミンも40歳を境に衰退していきますので、年齢が高くなるにつれて異性への興味が薄れてきたのであれば、テストステロンのドーパミンの分泌量が減っていると考えて差し支えないでしょう。

【精力増進と性欲増進】

ムクナは精力と性欲に関係のある男性ホルモンを整える働きがあります。

 

老いてそのまま枯れてしまわないために、いかがでしょうか。

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。