今話題のペニス増大サプリ「ゼノシード」

 

その中に含まれている配合成分が、ペニス増大にどのように効果があるのか??

 

増大マニアの管理人が知る限りの全ての知識を開放します!

ゼノシードの配合成分記事一覧

 

ゼノシードの主成分である、L-シトルリンについて紹介をします。L-シトルリンというのは、1930年に日本の研究者によってスイカの果汁から発見されたアミノ酸で、名前のシトルリンは「シトルラスブルガリス」というスイカの学名から命名されました。以前は、L-シトルリンは厚生労働省により医薬品指定がされていたので、医師の処方がないと、効果が高いので危ないのではと考えられていました。しかし、スイカやキュウリと...

 
 

ゼノシードに含まれているペニス増大成分の1つ「L-アルギニン」について説明をしていきます。このL-アルギニンですが、ゼノシードのみならず多くのペニス増大サプリや精力回復サプリ、エナジードリンクなどには必ずといっていいほど含まれている、非常に有能な成分なのです。逆に言えば、このL-アルギニンが含まれていない場合、そのサプリなどは効果があるのですか、というレベルの話になります。また、L-アルギニンのほ...

 
 

ゼノシードの配合成分である「トンカットアリ」について紹介しますが、トンカットアリをご存知でしょうか?日本では、まだ馴染みのないトンカットアリですが、東南アジアのジャングル地帯に自生しているニガキ科のハーブの一種になります。別名、マレーシア人参です。高麗ニンジンやマカ、クラチャイダムの仲間のようなものとなります。

 
 

ゼノシードの配合成分の「アカガウクルア」について紹介をしていきます。アカガウクルアと呼ばれたり、「ソフォン」と呼ばれたりしています。タイのメコン川流域に自生しているマメ科のハーブで、根を傷つけると赤くなることから、アカガウクルアと呼ばれているのです。精力向上、疲労回復、ED改善に効果があるのですが、非常に成長の遅い植物で、天然のアカガウクルアの乱獲が深刻だったため、タイ政府が輸出に規制をかけました...

 
 

ゼノシードの成分「ビール酵母(亜鉛)」の特徴やペニス増大効果について紹介をします。ビール酵母(亜鉛)とわざわざ亜鉛を強調していますが、ビール酵母よりも亜鉛の方が重要ということですね。

 
 

ゼノシードの配合成分である「ムクナ」について紹介をします。ムクナはインド原産のマメ科の植物で5000年の歴史があるといわれるインドの医学「アーユルヴェーダ医療」においても、もっとも代表的な生薬となります。特にムクナに含まれるL-ドーパは、精力増進の効果に優れており、世界的に注目されています。

 
 

ゼノシードの有効成分である「マカ」について紹介をしていきます。マカといえば、精力関係に関しては、必ず配合されているものだと思います。南米のペルー原産の多年草植物です。2000年も前から栽培をされており、その栄養価の高さから、NASAが宇宙食として採用している栄養満点の植物です。なんといっても、マカにはビタミンとミネラルだけではなく、身体には必要不可欠なのに体内では生成することのできない必須アミノ酸...

 
 

ゼノシードに配合されている成分の「ガラナ」について紹介をします。アマゾン川流域に自生するムクロジ科ガラナ属の植物です。なんといっても、コーヒーの3倍以上という豊富なカフェイン量が魅力的ですね!

 
 

ゼノシードの配合成分である「スッポン」について紹介をします。スッポンはいわずと知れた、精力増強には欠かせない食べ物ですよね。古代からアジア圏、ヨーロッパ圏でも食べられていたものです。もちろん、日本でも古くから滋養のために食されていました。