重度のEDの方には効かないものの・・・

ゼノシードはED治療にも効果のあるものと言っていいでしょう。

 

しかし、ゼノシードはペニス増大サプリなので、バイアグラのような医薬品とは異なります。

 

つまり、重度のEDの方には効かず、即効性も無いのです。

 

管理人はEDではありませんが、朝立ちなど健康的に勃起が出来るようになるまで1ヶ月前後の期間を要したように、飲んですぐに勃起がしやすくなるというような効果はありませんでした。

 

まあ、バイアグラなどを日常的に服用していたら、それだけ命を縮めることになるとは思いますが、ゼノシードは日常的に服用することで、健康増進の効果が出てきます!

【ゼノシードのED改善効果・その1】

ゼノシードのED改善効果・その1ですが、配合されている有効成分はどれも、EDに効果のあるものばかりなのです。

 

例えば、アカガウクルアというものがゼノシードには含まれています。

 

アカガウクルアは、タイで「天然のバイアグラ」と呼ばれているのです。

 

何故かといいますと、バイアグラというのは、ペニスを萎えさえるPDE-5という酵素の分泌を阻害する働きのあるシナデルフィルという成分が配合されています。

 

現在、一般的なED治療薬の効果はすべてPDE-5という酵素の分泌を阻害するのです。

 

そして、アカガウクルアにはシナデルフィルに非常によく似た成分が含まれているのです。

 

つまり、ゼノシードを使用することで、バイアグラのように心臓などに負担をかけることなく、PDE-5の分泌の阻害をすることが出来るのですね!

【ゼノシードのED改善効果・その2】

ゼノシードにはアルギニンというものが含まれています。

 

また、アレギニンを含む植物も配合されています。

 

有名どころではマカやトンカットアリなどです。

 

このアルギニンですが、近年の研究で勃起に必要な一酸化窒素を生成するためには必要不可欠な成分でもあるのです。

 

さらに、男性ホルモンのテストステロンを生成、分泌させるのに必要な準必須アミノ酸なのです。

 

体内で、アルギニンを生成することは可能なのですが、すぐに不足してしまうので、常に食べ物などによって補う必要があるので、準必須アミノ酸と呼ばれています。

 

また、血流の流れの改善、成長ホルモンの分泌促進、心臓や血管の機能回復にも効果がありますので、ゼノシードを飲み続けることで男性らしい体を維持することができ、異性に興味を常に持つことのできる若々しい肉体や精神状態になることは間違いありません。

【ゼノシードのED改善効果・その3】

ゼノシードのED改善効果としてあげることができるのが、有効成分として含まれているビール酵母にあります。

 

このビール酵母は豊富な栄養素と亜鉛や核酸といった、精子を作るために必要な成分が含まれているのです。

 

特に亜鉛に関しては、人間の体の中では作ることのできない必須ミネラルの1つです。

 

海外ではセックスミネラルとも呼ばれていますが、ある研究では亜鉛を摂取しないと男性はEDになるということがわかっています。

 

その亜鉛がビール酵母の中に含まれているゼノシードを飲み続ければ、不足しがちな亜鉛をきちんと摂取することができ健康な精子や性機能を維持することが出来ます。

 

飲み続けることで、ED改善効果を期待出来ます。

【他にも……】

他にも「ムクナ」という植物もゼノシードには有効成分として含まれています。

 

このムクナ男性ホルモンのテストステロンを活性化する働きのあるL-ドーパが大量に含まれているのです。

 

例えば、バイアグラなどを飲んだとしても、あれは勃起補助の効果しかないので、女の子の裸をみて性欲がわいて、セックスがしたいとは思わないのです。

【まとめ】

ED治療薬を使用しても性欲がわかなければ、ED改善の効果は実感できないかもしれません。

 

その点では、ゼノシードを使用するとED回復までには時間がかかりますが、異性の裸を見て性欲がわき、勃起するという健全なEDの回復といえます。

 

ただ、ゼノシードは医薬品ではありません。

 

あくまでサプリメントですから、軽度のEDにしか効かないということです。

 

重度のEDに関しては、サプリメントでは限界がありますので専門医の治療をお勧めします。

ゼノシード正規販売サイトはこちら↓からどうぞ!ただ今キャンペーン中につき、期間限定1箱無料サービス中みたいです。